ESLラボ日本語学院名古屋

長期コース:海外居住者

申込書と必要書類

学生ビザを取得し日本で入学するには, 下記の項目を証明する必要があります;

  1. 日本での留学に必要な学習能力と留学目的.
  2. 学費と日本での生活に必要な生活費のための経済力.

日本で留学するためには上記の二つの事項を学校と入国管理局に提出しなければなりません。.

日本への留学に必要な学習能力と留学目的

下記の書類は自分で記入し、日本語訳を添付する必要があります。.

1 申請書 志願者本人が作成してください
2 日本への留学目的と日本への出国/入国の履歴 申請書に添付されています
3 パスポートのコピー(お持ちの場合) ID ページおよび出国/入国歴史のページ
4 証明写真[40㎜ × 30㎜] 7枚 証明写真はすべて同じであること
5 卒業証明書 大学, 高等専門学校, または高校卒業している場合
  • 卒業証書の原本が必要です。; コピー不可
現在志願者が大学や専門学校生に通っている場合.
  • 在籍証明書、高校の卒業証明書
現在志願者が高校に通っている場合.
  • 願書提出時点での卒業見込書 + 卒業後に卒業証明書.
6 最終学校の成績証明書 原本が必要です; コピー不可
7 日本語学習履歴 日本語能力検定, JLPT, N5 以上. 日本語学校の通学証明書等
8 その他の書類 小学校 6 歳以前に小学校に入学した場合
  • 入学時期と卒業の日付を示す正式な文書.
あなたの家族や親戚が現在日本にいる場合.
  • 家族と親戚全員の住民票(家族が外国籍の場合には, 在留カード番号が必要です。)
  • 家族の一員とは父、, 母, 兄弟, 姉妹, 配偶者, 子が該当します。.

留学できる経済力を証明する書類

留学の費用を支払う経費支弁者が必要です。.

経費支弁者は;

A. 自分自身

B. 国外在住の家族や親戚.

C. 日本在住の家族、, 親戚, 留学経費を負担する商業上の取引先, 等.

以下の書類はスポンサーによって記入され、日本語訳を添付する必要があります。.

A. 志願者自身が留学経費を負担する場合.

1 経費支弁書 申請書に添付されています
2 預金残高証明 志願者名義のもの.
3 資産の経緯書 留学費用がどのように形成されたかを説明する書面。書式自由。.
4 通帳のコピー 入国管理局の提出を求められた場合
5 在職証明書 入国管理局の提出を求められた場合
6 所得証明書 入国管理局の提出を求められた場合

B. 国外在住の家族または親戚が留学経費を負担する場合.

1 経費支弁書 申請書に添付されています
2 志願者と経費支弁者の関係を示す正式な文書 家族関係証明書と住民登録謄本(韓国), 戸籍謄本(台湾), 親族関係公証書(中国), 出生証明書(その他の国)
3 預金残高証明 経費支弁者の名義のもの.
4 所得証明書 過去 3 年分
5 納税証明書 過去 3 年分

C. 日本在住の家族, 親戚, 留学経費を負担する商業上の取引先

1 経費支弁書 申請書に添付されています

年収が記入されていること; 年収は “総所得として” 市町村役場の発行する課税証明書で記載されているもの.

2 納税証明書 市町村に発行されたもの; 直近の経費支弁者の総所得が表示されているもの
3 在職証明書 経費支弁者が会社の役員である場合.
会社登記簿謄本
経費支弁者が自営業の場合で会社登記簿謄本が取得できない場合.
収受印のある確定申告書の写し
4 住民票 世帯全員の住民票と続柄をが表示されたもの

  • 志願者またはその家族が外国籍の場合, 外国籍の家族全員の在留カード番号が必要.
5 預金残高証明書 経費支弁者の名義のもの.
6 志願者との関係を証明する書類 支弁者が志願者の父, 母, 祖父, 祖母, 兄弟や姉妹の場合.
家族関係証明書と住民登録謄本(韓国), 戸籍謄本(台湾), 親族関係公証書(中国), 出生証明書(その他の国)
支弁者が志願者または志願者の両親のビジネス上取引先の場合.
  1. 会社案内または会社登記簿謄本
  2. 信用状のコピー(L/C)
  3. 船荷証券のコピー(B/L)
  4. 志願者または申請者の両親との関係を示す書類(書式自由).
  5. 関係説明等の書類等

その他の書類

志願者の国籍が中国, ミャンマー, バングラデシュ, モンゴル, スリランカ, ベトナム, またはネパールの場合, 入国管理局から追加書類を求められる場合があります.